FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなの党は参議院定数100人を提唱

 日経電子版が12月6日に掲出した「参院定数100人に みんなの党、選挙区廃止の独自案」は、みんなの党が参院の選挙制度改革案と国会議員定数削減案をまとめ、これによると、選挙区を廃止して比例代表に一本化したうえで、議員定数を現在の242人から100人に減らす内容と報じる。25年の次期参院選からの適用を目指し、各会派に提案すると記事は伝える。参院の選挙制度は都道府県ごとの選挙区制(定数146)と全国区の比例代表制(同96)からなっているが、比例代表のみを残すのは多様な国民の意見を反映しやすくするためとしているとの由。全国区ではなく衆院選で適用している11ブロックに分け、当選順位を候補者個人の得票数で決める非拘束名簿方式は継続するとのこと。半数が改選される次期参院選でまず定数を50人に削減し、その後、28年の参院選で議員定数100人を実現するとのこと。投票方式を自書式からチェックシート式に変更することも盛り込んでいるとか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kouzoukaikaku.blog43.fc2.com/tb.php/334-4d489832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

カテゴリー

未分類 (0)
消費者主権 (12)
政策家 (46)
事後統制 (24)
透明性 (259)
地方分権 (61)
予防措置 (5)
政策一貫性 (27)
議院内閣制 (46)
Free Rider 対策 (23)
安全保障 (33)
市民権 (10)
社会資本 (50)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

構造改革関心ブログ

構造改革に関心ありそうな方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

プロフィール

生真面目な納税者

Author:生真面目な納税者
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。