FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石市に対する公金返還

 MSN産経ニュース近畿ページが9月28日に掲出した「野球チーム後援会への違法便宜訴訟 原告が訴訟取り下げ表明 兵庫」は、野球の関西独立リーグに所属していた「明石レッドソルジャーズ」の後援会運営に、明石市が市職員を派遣するなど違法な便宜供与をしたとして、住民3人が北口寛人前市長に人件費など計約1100万円を返還させるよう市に求めた住民訴訟について27日に和解が成立したことを同日に市と原告側が明らかにしたと報じる。前市長が計約39万円を市に支払う内容で、原告側は今後、神戸地裁に起こしていた訴訟を取り下げるとのこと。訴状によると、平成20年9月から21年11月にかけて市職員4人に後援会を運営させ、市は、球団の運営会社が使用した市の施設使用料を免除するなどしたており、住民の監査請求に対し市監査委員は21年11月、「企業の営利活動につながり、地方公務員法の職務専念義務違反に当たる」として人件費や市の施設使用料など計約19万円の返還を勧告したが、同12月に住民が市監査委員が認めなかった支出分の返還を求めて提訴していたとの由。記者会見した原告の男性(76)は「和解の形だが、税金の適切な運用にとって一定の成果があった」と述べ、一方、泉房穂市長は「市民が納得できるような税金の使い方に努めたい」と話したとか。一方、明石市は27日、姉妹都市の米国バレホ市に平成20年派遣した訪問団で、市民1人の旅費を公費で負担したことについて、北口前市長が負担分約39万円を今年11月末までに市に支払うことを発表したと伝える。市側は昨年12月の市議会などで不適切な支出と認めていたとの由。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kouzoukaikaku.blog43.fc2.com/tb.php/365-6cd3abf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

カテゴリー

未分類 (0)
消費者主権 (12)
政策家 (46)
事後統制 (24)
透明性 (259)
地方分権 (61)
予防措置 (5)
政策一貫性 (27)
議院内閣制 (46)
Free Rider 対策 (23)
安全保障 (33)
市民権 (10)
社会資本 (50)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

構造改革関心ブログ

構造改革に関心ありそうな方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

プロフィール

生真面目な納税者

Author:生真面目な納税者
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。