FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治資金の透明性

 MSN産経ニュースが23年10月2日に掲出した「輿石氏、小沢流党運営からの決別継続 組織対策費「300万円ルール」踏襲」は、民主党の輿石東幹事長が党から議員個人に支出される資金について「300万円以上は監査の対象とする」とした岡田克也前幹事長の方針を踏襲したことに対し、党内に波紋が広がっていると報じる。組織活動費をめぐっては小沢一郎元代表時代に多額の金額が特定議員に支出され批判を浴びており、小沢氏に近い輿石氏だが、「政治とカネ」の問題が焦点となっているなかで、“小沢流”からの決別を示すことが必要と判断したとみられるが、一方で、選挙対策への懸念も出ていると記事は伝える。同党は7月26日の常任幹事会で、党から議員への資金で300万円以上を外部監査対象とし、件名を明らかにする方針を了承しているが、岡田氏としては政党交付金など税金に大きく依存している党資金の透明化を図る狙いがあったもので、輿石氏は小沢氏の党員資格停止解除を求めていたため、党内には「300万円ルール」を見直す可能性もあるとの見方もあったが、9月22日の記者会見で「その通りで良い」と明言したとの由。小沢氏が代表や幹事長などの要職に就いていた平成18年4月~22年6月にかけて、党本部から「組織対策費」の名目で、当時の山岡賢次財務委員長(現・国家公安委員長)ら5議員に計37億2510万円が支出されたが、いまだ使途は明らかにされていないとか。政治資金規正法で組織活動費に分類される「組織対策費」は、領収書があれば議員個人を対象に支出することができ、使途を明らかにする必要がなく、受け取った議員も収支報告書に記載する義務が生じないとのこと。小沢氏は、歴代の財務委員長や選対委員長らに積極的に組織対策費を分配し、党内基盤の強化、国政選挙の勝利につなげてきており、輿石氏自身、参院議員会長としての地位を確立した19年から21年にかけて、総額7500万円の組織対策費を受領しているとのこと。輿石氏が前執行部の方針を踏襲することに、小沢氏に近い議員からは戸惑いの声が出ており、小沢氏支持の若手の一人は「透明性が大事なのは百も承知だが、何でもかんでも公開すると身動きが取れなくなる。それで選挙に勝てるのならいいが…」と本音を明かしているとか。総務省が9月30日に公表した平成22年分政党交付金の使途報告書によると、民主党は171億500万円の交付を受けて148億700万円を支出しており、貯蓄にあたる基金残高は44億600万円に達していて、潤沢な資金を抱えていることが明らかになったとか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kouzoukaikaku.blog43.fc2.com/tb.php/369-42b61f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

カテゴリー

未分類 (0)
消費者主権 (12)
政策家 (46)
事後統制 (24)
透明性 (259)
地方分権 (61)
予防措置 (5)
政策一貫性 (27)
議院内閣制 (46)
Free Rider 対策 (23)
安全保障 (33)
市民権 (10)
社会資本 (50)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

構造改革関心ブログ

構造改革に関心ありそうな方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

プロフィール

生真面目な納税者

Author:生真面目な納税者
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。