FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空き家放置対策

 朝日コム宮崎ページが5月23日に掲出した「空き家 悩む自治体 条例、3市に動き」〔北村有樹子〕は、放置された空き家が全国的に増え、問題となる中、宮崎県内でも計3市が所有者に管理の徹底を求める条例を制定、または検討中であると報じる。倒壊や防犯上の不安から住民の苦情が相次いでいることが背景にあり、条例をつくらずに独自の対策を強化する自治体もあると記事は伝える。延岡市は昨年、市生活環境保護条例を改正して「空き家の適正管理」の項目をつくり、建物の所有者は、雑草の著しい繁茂、▽害虫発生、▽建築材の敷地外への飛散、▽不特定者の侵入による犯罪の恐れ、▽廃棄物の投棄、の状態にしてはならないとし、違反の場合は所有者に勧告する内容とか。日南市は来年度の条例化を目指しており、対象とする「管理不十分」の定義や、条例違反の行政処分の範囲(勧告や氏名公表など)をどこまで盛り込むかを、他県の事例を参考に今後詰めるとの由。宮崎市も条例を検討中で、昨年度、過去最多の24件の相談があり、「困っている市民はこれより多い」と見ているとか。国土交通省によると、4月時点で「空き家条例」を施行していると答えたのは22都道府県の54自治体で、所有者に代わり行政が取り壊す「代執行」を規定するのは秋田県湯沢市など12自治体あるとのこと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kouzoukaikaku.blog43.fc2.com/tb.php/589-62bed930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

カテゴリー

未分類 (0)
消費者主権 (12)
政策家 (46)
事後統制 (24)
透明性 (259)
地方分権 (61)
予防措置 (5)
政策一貫性 (27)
議院内閣制 (46)
Free Rider 対策 (23)
安全保障 (33)
市民権 (10)
社会資本 (50)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

構造改革関心ブログ

構造改革に関心ありそうな方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

プロフィール

生真面目な納税者

Author:生真面目な納税者
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。