FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政不服審査法が見直しへ

 読売オンラインが3月19日に掲出した「行政不服審査を抜本見直しへ…公平・短縮図る」は、政府が19日、国や地方自治体に行政処分の見直しを求める手続きを定めた行政不服審査法を抜本的に改善する方針を決めたと報じる。行政不服審査制度は、訴訟以外では唯一の権利救済制度とされながら客観性への疑問や審理期間の長さが問題と指摘されてきており、全面見直しは同法が制定された昭和37年以来初めてとか。政府は来年の通常国会に行政不服審査法改正案を提出する方針で、同法を所管する総務省は、22日から業界団体などへのヒアリングを始めると記事は伝える。国や地方自治体が行う課税処分などに不服がある場合、国民は処分を出した行政機関に申し立てをすることができ、裁判と違って手続きが簡易で手数料もかからないことから、最近では認可保育所に子どもを預けられない保護者などが、地方自治体に異議申し立てを行う例が相次いでいるが、処分に関与した職員が審査を行うことが多いため、処分が覆るケースは限られてきたとか。今回の制度改正では、審査の公平性を高めるため、審査対象の行政処分に関与した職員以外から選ぶ「審理員」による審査の仕組みと、有識者で新設する第三者機関「行政不服審査会」による諮問・答申手続きを導入することが柱となる見通しで、審理期間の短縮化を図るため、「標準審理期間」を設けることも検討するが、小規模な地方自治体からは「人員に余裕がなく、導入は難しい」との声も出ているとか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kouzoukaikaku.blog43.fc2.com/tb.php/607-98b25882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

ブログ内検索

カテゴリー

未分類 (0)
消費者主権 (12)
政策家 (46)
事後統制 (24)
透明性 (259)
地方分権 (61)
予防措置 (5)
政策一貫性 (27)
議院内閣制 (46)
Free Rider 対策 (23)
安全保障 (33)
市民権 (10)
社会資本 (50)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

構造改革関心ブログ

構造改革に関心ありそうな方のブログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

プロフィール

生真面目な納税者

Author:生真面目な納税者
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。